米日財団は2005年に米日財団功労賞を創設しました。同功労賞は、日米間の友好及び相互理解の促進に生涯をかけて貢献した米国人及び日本人を称えるものです。受賞者は当財団理事会により選任・表彰され、通常は、受賞者の名前を称え、10,000ドル相当の助成金が米国または日本の非営利組織に対して交付されます。 功労賞受賞者:

2014年度

カートA.ギッター博士

眼科医
ギッター・イェレン美術研究センター創立者


2012年度

エズラ F ヴォ―ゲル教授

ヘンリー・フォード二世社会科学名誉教授 ハーバード大学


2011年度

槇原 稔

三菱商事株式会社 特別顧問 日米文化教育交流会議(CULCON)委員長


2010年度

ロビン チャンドラー デューク

元駐ノルウェー米国大使 米日財団創立者

豊田章一郎

トヨタ自動車株式会社名誉会長


2009年度

中曽根康弘

内閣総理大臣 1982年-1987年


2008年度

ウォルター F モンデール大使

第42代米国副大統領 1977年-1981年 駐日米国大使1993-1996

山本正

前日本国際交流センター理事長


2007年度

大河原良雄

駐米日本国大使 US 1980年-1985年


2005年度

トーマス S フォーリー

駐日米国大使 1997年-2001年